専業主婦でも消費者金融が利用できる方法

家庭の主婦が消費者金融を利用する場合、兼業か専業かによって対応が異なってきます。
兼業主婦の場合は働いているということですから、収入があり、カードローンの申し込みは可能です。
しかし、専業主婦の場合は働いていないので利用することは無理だと言われています。
この違いは消費者金融には総量規制によるものです。これは個人への融資総額は年収の3分の1までとするという法律です。
しかし、例外があります。
配偶者との年収を合算して3分の1までなら申し込むことができるというものです。
つまり、配偶者に稼ぎがあればよいのです。
ただしその場合には、通常のときとは提出する資料が若干異なってきます。
身分証明書の他に、配偶者の収入を証明する書類、同意書、婚姻関係を示す書類が必要となってきます。
一方、非消費者の金融機関である銀行ですが、こちらは申し込むことは法律上はどの銀行でもできるのですが、実務上は審査も厳しく、受け付けてくれる可能性は低いと考えておきましょう。
専業主婦が銀行カードローンで借りられる理由はこちらで書かれています。

銀行法には総量規制のように『この条件の人には貸してはいけない』という条件はないため、銀行運営のカードローンであれば借りられます。
しかし全ての銀行のカードローンが専業主婦でも良いとしているのではなく、専業主婦の借入を認めている銀行もあればそうでない銀行もあります。

引用:【専業主婦限定】スマホ完結!内緒で借りられる銀行カードローン
専業主婦が借りられるカードローン会社が一目で分かります。

Categories: Uncategorized